筋力トレーニングのプログラム

筋肉を大きくするには、筋トレと休養と栄養のサイクルがとても重要です。栄養はタンパク質を摂取する事で、筋トレを行う人に必要な量は1日に体重かける2グラムなので70キロの人は140グラムが必要になります。140グラムも摂取するとなると大変だが、筋肉を大きくするには必要になるので3食欠かさず食べるようにします。

休養は激しい筋トレを行うと、細かい筋肉の組織が破壊されているので回復させる必要があります。これを超回復と言い、以前の筋肉よりも強く太い筋肉を作っていきます。休息に必要な時間は24から48時間で、筋線維の修復を図ります。

筋肉を大きくさせるためのプログラムは、1週間単位で考えます。筋トレは2日続けて行う事はないので、1日に1部位を3.4種目行って鍛えていきます。1日目は大胸筋を鍛えていき、腕立て伏せ等を行っていきます。2日目には脚を鍛えるために、スクワット等を行います。

3日目は1.2日目に鍛えて身体に負荷がかかっているので、軽めの有酸素運動を行って乳酸を排出させます。4日目には背中を鍛えるために、ワイドグリップチンニング等を行います。5日目には肩を鍛えるために、サイドレイズ等を行います。

6日目には腕立て伏せ等で腕を鍛えて、7日目には有酸素運動を行って身体の疲れを取っていきましょう。

ウルトラシックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です